top of page

森岡桜音「Push Back」

OBOG並びに保護者、その他関係者の皆様、平素より同志社大学男子ラクロス部に温かいご支援ご声援誠にありがとうございます。


今年度の主務を務めさせていただきました、

4回生MGの森岡桜音です。



先日、女ラクの応援に行きました。


そこには応援を盛り上げてくれるチアリーダーの姿がありました。


高校時代、チアリーディング部に所属していた私としてはチア部に入部するか迷った時期もあったので、


そっち側にいる未来もあったのかなぁ


なんて考えていました。



でも私が選択した"男子ラクロス部"は大正解で、


良くも悪くも、考え方や価値観、性格までもを大きく変え、確実に人生の中でも濃い4年間になりました。




私がラクロス部に入部した目的は2つあります。


1."誰かを支える"経験をすること


チアやダンスでたくさんの舞台に立ってきました。

散々周りに助けられて、支えられて、

たくさんの人が準備をしてくれて自分がこの舞台に立てているのだと高校生ながらに感じました。


だから大学では"誰かを支える"立場である

裏方代表(?!)のスタッフになりたいと思い入部しました。



ただスタッフを経験して言えることは

"誰かを支える"ということでさえ、

また他の"誰かの支え"によって成り立っているということ。



当たり前かも知れませんが、

周りの人への感謝や思いやりを伝え続けることがどれほど大切かを学びました。




2.社会に出るまでの、自由に使える最後の4年間を無駄にしない!!絶対成長する!!



存分に達成しました。


私は、TB班、会計、副務、主務、幹部、、などなど

組織運営に関わらせてもらうことが多かった4年間ですが、どれも本当に苦労しました。


2回生のはじめ、

スタッフとしての存在意義が感じられなくて悩んでいた時、プレーヤーと同じ立場で意見が言えなくて悩んでいた時、

私は役職という肩書きに頼りました。



もし副務として幹部にはいったら、

その肩書きに背中を押されて自分の意見が言える様になるんじゃないか、

回生からの信頼を得れるんじゃないか、

そんなことを考えながら、

副務決めのミーティングに参加していたのを覚えています。

役職なんて、肩書きなんて関係ないのに、、



でもあの頃は回生のみんなに、自分を

ラクロスをする1仲間として認めてもらいたくて、

必死だったんだと思います。



スタッフってすごく難しくて、


夏は汗でメイクはげはげだし、

冬は寒すぎてビデオには鼻を啜る音しかはいらないし、

友達はおしゃれして大学に来てて羨ましいなと思うけど、着替える暇さえないからジャージで授業受けて、結局寝るし、



やりがいとか、存在意義とか、

私ってほんとに必要?とか、

自分が組織に対してプラスになっているのかとか、

どこまで選手の行動や考えに干渉していいのかとか、


考えれば考えるほどわからない


4年間考え続けて、やっとわかりそうで、わからなくて



でも最後の試合、

Q終了の笛が鳴り響いた瞬間に


見えた景色が、

溢れた感情が、

仲間と交わす言葉が

その一瞬一瞬が答えなんだと思います。


その瞬間に自分にどんな感情が湧き上がるのか楽しみです。



私は一部に昇格できなかったら、4年間やってきた意味がないなんて思いません。

この4年間、ラクロス部のために過ごした日々は

何よりも楽しく、何よりもつらい経験だったから。



23日必ず勝ちましょう!

私も点取りたいです!




最後に、


ふくたけさん、監督、おぎよしさん

本当にお世話になりました。

私たちのために、たくさん時間を割いてくださって感謝しかありません。

LINEや電話での一つ一つの言葉に何度も救われました。ミーティングの度に学びがあって、こんな発言ができる大人になりたいなって思います!


4人のコーチ

コーチを引き受けてくれてありがとう。

主務として関わる機会が多かったけど、4人とも優しくてかっこよくて、素敵でした。

さいごうさん、酒井、ウィンターがんばれ!


たいが、よね

執行猶予3年間分のミーティング、よく全部考えた〜〜私たちえらすぎる〜〜

2人のラクロス部に対する姿勢にいつも刺激をもらってました。部の中でもプレーヤースタッフとかそんなこと関係なく深く話し合える仲で、物凄く頼りにしてました。本当にありがとう。


みく、ゆうか

4年間ほんとによく頑張ったよね。

みくとはふざけた話も真剣な話もできて、どれだけ愚痴言い合って、笑い合ったかわかりません。その時間がとても幸せで、なくてはならないものでした。ありがとう。

ゆうかの仕事の出来具合は半端じゃありません。同立戦でゆうかがいなかったとき、どれだけ不安だったか。この前私がリーグ戦を休んだ時ゆうかも同じことを言ってくれました。嬉しかったです。4年かけて積み上げた信頼の重さを感じました。ありがとう。


2人にはここには書ききれないくらいのありがとうがいっぱいあります!!!正真正銘の生き残りばばあでした。

ここまで頑張れたのも2人のおかげです。



同期

たくさんの思い出をありがとう!

正直腹立つこともいっぱいあったけど、

みんなのプレーする姿が大好きで、かっこいいなと思ってます。

悔しいけど、私が点を取ることはできないから

1部に連れて行ってください。頼りにしてます。

卒業旅行とか回生飲みとか楽しみにしてます!



家族

何回やめたいって泣きながら電話をかけたことか、、その度に心配かけてごめんね、その時その時に合った言葉で私を助けてくれてありがとう。

同志社に通わせてくれて、

ラクロス部に入らせてくれて、

一人暮らしさせてくれて、

苦労も迷惑もたくさんかけてしまったけど、その分の価値がある4年間にできたと思います。ほんとにありがとう。


名前は出さないけど、大好きな3人

一番近くで支えてくれてありがとう。部活のしょーもない話も、嬉しい話も愚痴もたくさん聞いてくれてありがとう。ずっと応援してくれてありがとう。受け止めてくれてありがとう。本当に家族みたいな存在です。らぶ!!!



本当はもっともっとたくさんの人にありがとうを伝えたいです。


タイトルの「Push Back」は私が好きなONE OK ROCKの曲です。

この曲を聴くと燃えます!

入替戦の前もこれを聴いてヤンマーに向かいたいと思います。



拙い文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。



# MG 森岡桜音

閲覧数:468回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page