top of page

岡本大輝「BIGBOSS」

OBOG並びに保護者、その他関係者の皆様、平素より同志社大学男子ラクロス部に温かいご支援ご声援誠にありがとうございます。

 

4回生 BチームOFコーチの岡本大輝と申します。

 

 

前々から準備しないといけないと思っていたのに全く準備せず、引退ブログが始まって良い文章ばっかりで流石に書き始めました。普段はふざけている人が真面目に考えた文章を読むとなんか面白い。

 

 

振り返ってみると1回生の時の自分が全盛期でした。これは同期全員が納得する事実だと思います。特にサマー辺りです。試合出て、点取って、みんなと喜び合う瞬間はドーパミンがドバドバでした。京都カップになるとATは石井・島本・永江がメインで酒井とベンチの端でわちゃわちゃしていたのが懐かしいです。そこからはmtgをしていたことしか記憶にないです。ちなみに理念にある「社会から愛される」の部分は中学時代の野球部の顧問が言っていた言葉をパクって提案したら採用されました。

 

2・3回生は気づいたら終わっていました。いい先輩に恵まれていたなとつくづく思います。Bコーチとか拓真さんとか赤岩さんとか伊織さんとか。下手でも毎日楽しくラクロスできた環境でした。それと同時にたくさんの同期が辞めていくのは悲しかった。中学・高校の時は誰もやめなかったし、それが普通だったので、同期が辞めるのはなんか悲しかった。山田飛鳥の再入部は激アツ。これが大河内の言う「選択」なのか。

 

4回生になってコーチになる選択をしましたが組織を束ねることの難しさ・色んな人が支え合っていることに気づけました。自分の考えを伝えて、行動に移してもらうこと。練習メニューや試合の出方を考えること。10数人しかいないOFメンバー相手でさえ難しい。その数倍を束ねる幹部陣・リーダーズは本当に凄い。まじ永江尊敬。最近の平日練は、スタッフの業務を手伝っていると、得点を取る・シュートをセーブするだけが勝利に貢献する形ではないことも実感できました。コーチという立場を経験するだけで世界が広がった感じがします。コーチになることを選んで正解でした。ただ、Bチームでもっと上に行きたかった。

 

幹部・リーダーズ・スタッフという権力者からの好感度を上げようなんて気持ちは1mmくらいしかないです。

 

 

石井みたいに言葉伝えたいなと思ってやってみます。

 

「厳しいなァ…自分に」

ワンピースという漫画のあるシーンでサンジというキャラクターが言った独り言です。

(島本どの場面か分かってる?)

 

この言葉を引用して伝えたいことは自責思考であってほしいなということです。自責思考とは、何かの出来事が起きた際にその原因は自分にあると捉える考え方のことです。ちなみに自分は全く行動に移せていないです。今年の試合を振り返るとBリーグの京大戦であったFO後のイリプロを取られず得点されたこと。先日あった甲南戦ではチェイスの判定など曖昧なジャッジが多くリズムに乗れなかったこと。OF・DFの切り替えの発信・曖昧なジャッジが多くても冷静になって試合を運べば問題ない。試合中に審判に怒りを向けるのでなく自分のプレーが悪かったと思えるか。そこらへんが今の同志社に足りないところかもしれない。KGだったらそんなこと関係なく勝っていると思うし。

 

練習試合・公式戦関係なく試合で負けて、審判のせいとかあいつがミスったからみたいな理由で陰口言っているのはめちゃくちゃダサいと思いません?大谷翔平が試合に勝てない理由をチームメイトのせいにはしていないと思うんですよね。知らんけど。

 

 

最後に、

 

後輩

Bコーチなって最初に思ったのは「こいつら可愛くないな」でした。声出さないし、反省出さないし、点取ってもあまり盛り上がらない。スカシを極めた奴ばっかり。ただ徐々に干渉し合うし、意見言うし、KG戦終わって泣いている奴みたら「こいつらめためた可愛いな」ってなっていました。関西制覇できなかったけど、負けて悔しいと思ったそのあと。練習中にもっとお互いに要求し合って、成長し合って、来年・再来年は有給取ってでもスタンドに行って応援したいと思えるチームなることを期待しています。

 

同期

毎日楽しい日常をありがとう。1部昇格に向けて自分が貢献できることは数少ないけど残り1ヶ月間悔いのない時間を過ごしたい。友達いないし、浪人しているし、実家から通うには遠いし、体育会なんてと思っていたけど入部して良かった。地元の公立にはいない特殊人間ばっかり。濃くて楽しい4年間をありがとう。

 

両親

朝早くても夜遅くても洗濯してくれていて、ご飯が用意されていて、お風呂が沸いている。下宿勢の話を聞けば聞くほど、自分がしてもらっていることは当たり前じゃないんだと再確認する日々。自分がラクロスをしていて2人にとってプラスなことはほとんど無いし、どちらかと言えば仕事を増やしてしまっている気しかない。ただそのおかげで部活を辞めることなく、素晴らしい先輩・同期・後輩に出会えました。社会人になって徐々に恩返しできるように頑張ります。本当に感謝しかないです。ありがとう。

 

 

拙い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。

 

岡本大輝

閲覧数:405回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page