top of page

山田飛鳥「飲み」

森川のBlog読みました? やめてくれよ。涙が止まらねーよ。僕は、プレイヤーとして一緒にやりたかった。それでも、1回生コーチを引き受けてくれて有り難う。コーチになって練習時間が違うから合わなくなったし、僕が引っ越してからご飯も行かなくなったな、、寂しい。けど、なんだかプレイヤーの時よりいい顔してるなぁと感じてます。あと少し頑張ろうね。飲み行こうなぁ。


森川の愛弟子に岡本カケルとか言う一回生DFがいます。よく壁で会います。そんなカケルは、よく喋ります。聞いてもないのによく話します。本当にうるさい。ノイズキャンセリングを通り越す位に煩い。最近、応援団長に就任したらしいです。適任です。


そんな彼が不意に話した言葉を今でも鮮明に覚えてます。


「飛鳥さん、俺ね。森田とリヒトとはラクロス中めっちゃ喧嘩するんですよ。毎回。だけど、3人で、プライベートの時とラクロスは完全に分けようって約束してるんです。だから、ちゃんと言い合えるけど練習終わったら仲良くかえるんすよぉ〜」とかなんとか。いっちょ前に、何がプライベートだよとか思いながら聞いていました。笑笑 いつもの様に、聞いてもないのに良かったプレーとか、飛鳥さんと1on1したら勝てますとかよく分からない事ではではなく、彼が1ラクロス部員として一生懸命考えたその感覚、その約束。僕はとても大切にして欲しいと思います。そして、可愛いなと思いながらも、その感覚は僕らが忘れた感覚であったなぁと痛感しました。組織の目標のために、嫌われるかもしれない覚悟でやり切る姿勢、それこそが本当の組織への愛の形だと僕も思ってます。有り難うかける。20歳になったら飲みに行こう。


4回生になって、同期のみんなどうでした?これ出来てましたか?ラクロスをしない一面を知るとなかなか出来なくなる。だって、飲みに行けば石井は面白いし、生活のあらゆる面で航平は助けてくれた。ですが、練習中は別ではないではないでしょうか。本当に割り切って「一部昇格」の事を最優先して他のプレイヤーに干渉できていましたか? 今年のチームの弱さはこの部分に集結すると思います。仲良過ぎたの罪だったのか、、、


本気で戦ってたなら、分かっていたのに言わずに終わらせた事は悪だった。穏便に終わらせる事も大切ですが、負けた時きっとその時の事を後悔する。僕自身その点に後悔があります。


後輩へは、本当にカケルの感覚を大切にしてほしい。練習で喧嘩したり言い合ったり、そんな事で揺るがないくらいの友情はすでに出来てます。思うことがあるなら臆することなく発信していきましょう。かずさ、言いたい事溜め込まなくて良いんだよ。



自分の想いを伝える。伝え切る事、そして譲れない軸をブラさない事はエゴなのかもしれない。衝突は否応なく付き纏うし、意思決定に時間はかかる。けど、中途半端な平穏無事には何の意味もないと思っていたし、表面的な美談に、一個人の次元で、そしてチームの次元で進歩する事は無いと思っている。と、最後のBlogを書くにあたり、自分の気持ちを簡潔にまとめた文をつけときます。


後悔Blogにしたくないので、ここから話を膨らませません。が、これは最後のシーズンで僕が出来なかったことです。何かを感じ取れよ、後輩。こんなに強く無かった代の先輩の言葉だ。いや、だから強く無かったんだぞ。同じ過ちは繰り返さないでほしい。


とはいえ、弊部の未来は明るく感じます。19歳の少年が23歳の僕が出来なかった事をやろうとしている。素晴らしいと思うその感覚は忘れないでほしい。カケル、お前の色をもっと浸透させていけ。レインボーカケル。



最後のBlogですが、言いたい事を書けば気分が悪くなるくらい大きい後悔しかないので、ここからは華やかに感謝を伝えます。もう少し付き合ってみんな、、


周知の事実ですが、僕は一旦部活を辞めて、再入部しました。当時、主将であった優一さん、幹部の皆さん、4回生の方、再入部させてくれて有り難う御座いました。


ひとつ上の先輩方とは、色々バチバチにやってしまいました。すいません。ですが、僕の思う組織への愛の形は、しっかり自分の気持ちを伝える事であると思っていたのでご了承下さい。3回の秋からAでやれて本当に楽しかったです。京産戦の橋本さん、きのぴーさん死ぬほどかっこよかったですよ。有り難う御座います。


同期へ。愛を伝えるならここから卒論ペースの文量を書いても伝えきれないので簡潔に。


「関西の大学に来て、みんなに会えて、人生の夏休みを充実した夏休みにしてくれ有り難う。何から何まで感謝してます。飲みに行こうね。絶対行こうね。死ぬまで飲もうね。結婚式呼んでよ。御祝儀では各々に月給全てを包む覚悟です。それくらい僕はみんなのことが大好きです。出会ってくれて有り難う。風邪、引くなよ。みんな。。。オーナーゼf、」


U21で大活躍した中村ユウスケがいて、優しい彼が引っ張ったDFが、コウセイがいてカイちゃんがいる。ジュンが突っ込んできて。タイシが戻ってきた。谷がいる。ブチ切れた康太がいる。ゴールには磯部と大河がいた。セイガと吉村が頑張ってて、はるかがキレキレにズレを作って、ナオトがそのズレをしっかり繋げたら、ネヨがさらに大きなズレに変える。そこにたくやがいてビハインドをする。そのパスを永江が血走りながら点を決めて得点王になったら、ヨシナオはショットを打って静かに喜ぶ。コーチボックスに、西郷とサカイと岡本と塩月がいて、ヒノミクがアタフタしてて、オトとゆうかがなんとか頑張ってて、あれ石井?。。、こうやってみんなで役割を全うして僕らは最高のチームになったんだと思う。本当に有り難う。


けどやっぱり今出川組だけは感謝を書かせて笑バイクでの帰り道とか、コンビニでだべったり、壁でだべったり、居酒屋でだべったり、電車でだべったり、あれ、だべってしかいないけど、全てが最高だった。


タイセイさん。

懐かしいな、ベルファイヤー乗りすぎて助手席、俺の物だと思い込んでた一回の夏、実はれいn、、いや。本当に楽しかったな。バイク2ケツしてくれた時、後ろで何度も寝れたのたいせいの背中の大きさに縋ってたんだよ。いつもプレーでも引っ張ってくれて有り難う。ラクロス以外でも楽しい思い出ばかりだな。またみんなで飲み行こうな!!タイセイが本当の笑顔で笑ってくれる時、孫の様に嬉しかったよ。え、笑


甲斐。

餓鬼だと思ったことは一度として無かったよ。優しくて、けど厳しい甲斐。常に憧れてたなぁ。いつまで経っても一緒に居たいな。。夜の木屋町、楽しかったね笑笑。心配性な割に大胆な甲斐。そして、鬼ストイックな甲斐にどこまでもついていきたいの!笑笑また飲み行っていつもの様に4人ではしゃぎ倒そう。某大学の某やらかし4人組にはならない様にしようね。笑


Steve航平。

会った時あんなに小さかったのに、今ではゴリゴリのゴリラみたいになっちゃって、本当4年で4倍くらい大きくなっちゃた。それくらい頑張ってたの知ってたよ。優しすぎるから、色々大変だったと思うけど本当に楽しかったな。航平といると、標準語だからなんか居心地よかった。いや、航平だから居心地よかったよ。再入部の際のスピーチ本当に嬉しかった。夜中呼び出して飲ませまくってごめん笑笑ここからが勝負よ。


フクタケさん、ひだ監督、OBOG並びに関係者の皆様、日頃から弊部への温かいご支援ご声援誠に有り難う御座いました。


そして両親。有り難う。山田家の一員と言うだけで僕は幸せです。


最後に後輩へ。

日頃から有り難う。来年、どんな色の組織になるか分からないから、ひとつだけ。


飲みに行け。ただひたすらに飲みに行け。


僕は、飲み会が組織において全ての最適解であると思っている。


しってるか、

磯部は酔っ払ったら僕のことを殴るし、唾を吐きつける。

甲斐やユウスケは、楽しい飲み会ですら敗戦を思い出して泣く。

度がつく程のチー牛のかいちゃんは、酒を飲めば鬼陽キャにかわるんだぜ。

康太はすぐに女の子に声かけちゃうし、はるかは飲んでも飲んでもはるかのまんまなんだぜっ

けど、みんな愛しいじゃんか!!


練習をしている一面だけじゃない。同期や、チームメイトの他の一面を見ること、触れること。それが信頼関係をさらに深いものにすると思う。それが飲み会起点で起こると思う。練習できちんと思いを伝える、伝え切る関係を飲み会が構築してくれる。

みんな、もっと組織として深みを出したいなら、もう負けたくないなら明日からでも飲みに行けっ。

今年より、ラクロスありきの組織でなく、人ありきの組織になって欲しい。

来年のfinal、後輩が作り上げた組織への愛を体験する事をずっと楽しみにしてます。


と、最後まで読んで頂き有り難う御座いました。隙あれば飲みに誘ってばかりでしたが、本当にみんな行こうね。


後1つ。嬉し泣きにはまだはぇーぜっ!もう1つ勝って泣こう。なっ、りょうや!!!


最後、まとまりがなくなりましたが、読んで頂き有り難う御座いました。最高に楽しい4年間でした。

あざしたっ!!!!

閲覧数:512回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page